イベント情報

日記

作品&プロジェクト

おさんぽ句会 in 股ヶ池

 

IMG_1072.JPG

 

 

 

 

第一回カマメ!おさんぽ句会のようすです

まずは、三角公園で行われている「寄ってきまつり」へ  ビール片手の知り合いがたくさん

みなさんお待ちかねのまちゅこけさんのライブを見終わって アイスの差し入れを食べたら

いさおさんの案内で股ヶ池公園へ 自転車でレッツゴー

途中柵に囲まれたいくつもの公園を通りすぎる 

きょうのお昼にココルームに来たお客さんのお話し「公園には柵をつけないと野宿の人に占拠されるから、あれは必要なんだ」

  を思いだす 本当にそうなのかなあ カマメは柵どころかドアも全開 毎日オープンにしているけれど

  野宿している人に占拠はされないし休憩する人がいても

みんなそれぞれにゆずりあってつかってくれている 解放していることで嫌な思いをしたことは一度もない

今柵に囲われているすべての公園の柵を全部はずしたら きもちがいいだろうなあ と考える

  柵に囲まれキレイに整備された公園で ちいさなこども2人がヘルメットをかぶってピカピカの自転車に乗っている

それを見つめる父親ひとり それ以外に人はいない 

まるで教習所 公園のおだやかさはどこにもない ゾっとして 自転車を走らせる

股ヶ池公園は柵もなくてみどりがおおくて池もあってとてもきもちがいい 

池をぼーっとみつめているとうしろからいっしょにさんぽにきたおじさんが 

どうみてもただ見つめていたい哀愁ただようわたしの背中をみて

「なにみてるん?なにみてるん? どうした、なんかいるん?ぼーっとしてるん?」 と連発 

おだやかに池をながめるひまもないなあ ああ 

さいごにみんなで句会をする 句会なのに 日記をかく人 文字数を無視する人 さすがの実力はぞろい

発表します!

のんびりと 木の葉を拾う 秋の風    心登 

昼すぎの 股ヶ池 親子の楽しき 掛け声かな    いさお

はすの葉の 枯れゆく水面 切なさや        まい

 昭和のフンイキそのままの三角公園から よくわからないまままいちゃんに連れられ股ヶ池公園 不思議な池をタンノウして

これからジムに行ってきます       なみえ

帰りにすずめをとる仕掛けをつくっている若者にいさおさんが指導

みんなでピース

 

 

 

カテゴリ

このページのトップへ