イベント情報

日記

作品&プロジェクト

明日から東京

カマメ通信3号の作成 3号にもなるとだいぶイラレにも使い慣れ

はじめよりだいぶ早く作業がすすむようになった とは言え素人 手間取り手間取り

やっと今日裏表とも印刷ができた

学会発表のための予行演習にカマメ!を使ってもらい そのあとには

はもちこみ映像祭!が行われ のぼるさんが持ってきてくれた「釜ヶ崎越冬 1985」をみる

今このまちでかかわっている人たちの若かりしころの姿が映し出される

当時でも今の私より10くらい年上のみなさん どんな思いでいたんだろうか

映像では山のような機動隊 戦車のようなごつごつとした車が道路をゆっくりと動いていく

とてもやさしいけれど気性が穏やかとは言えないこのまちの男性たち こんな光景が目の前に広がっていたら

それは威嚇のようにも見える 何も起こる前からこんなふうにして何かを起こしてほしいのだろうか?と思ってしまう

機動隊と戦車のような車 殺伐とした雰囲気 

インタビューを受けるおじさんたちは当時も今もあまり変わらないやさしい笑顔だった

いろいろなことがあってごったがえした一日でしたが

あしたは東京へ行ってきます

ココルームとしての任務を背負っての約半年ぶりの帰郷

どうなることやら…

まい

カテゴリ

コメント(1)

1980代若者は熱かった。資本に使い捨てにされ、差別と偏見で生きてゆく日雇い労働者同じ、人間として放っておけなかった変えたければ自らが変わらなければ当たり前のことだがくやしいけど、あまり変われてない。君たちのやろうとしてることいいではないか、出来ることがあれば力になりたい

このページのトップへ