イベント情報

日記

作品&プロジェクト

夜回り準備 して8人ぐらいで

昼ごろカマメのシャッターが調子が悪いので、大家さんが来て、見てくれた
よく観てやっとこを わざわざ取りに帰り直してくれた、俺も関わっていて責任を感じてたから
鍵もかかるようになり嬉しかった
夜回り準備始めはあばよと二人だけ、できない事は無いけど、もっとみんなに参加してもらい
裏方の気持ちがわかってもらえたら、何故俺たちが釜で夜回りを、やるに、いたったかの意義
1972年にはじめて足を要れ俺は男恥を知れとおもったおいらおれが自衛隊から釜に来た時お前なんかはわからんが俺と同じなんや
三角公園も野宿者はいなかった、おtれが言いたいのは釜のアンコをなめんなよ、この言葉は
おtれの生き方だ
もう俺も時間が限られているきょうの夜回り俺が過去の30年前の組合で行った夜回りの中で今日がみんなが気持ちがありおれも泣いた、はっきり言っとく最後はみんな死ぬんだぜ
岡本さん一緒にやりたいばかがいいおれは釜でいきているあほんだらや、でもな
人様のいわれたくない俺は男ととしてみんな好きだ。
釜を知らず 人の



tta

カテゴリ

このページのトップへ