イベント情報

日記

作品&プロジェクト

東京のきれいなまちのきれいな大学にて

9日から スタッフはらだ 東京にきています

あさ、熱心に勉強している学生さん 大阪まではなしを聞きにきてくれて

東京でももう一度はなしを ということで落ち合ってあさごはんをたべながらはなし

アドバイスといえないような散漫なことばをかけて 声をかけている自分が自分の声をきいて いろいろ整理する

ありがたい時間をあさからもらい

そのまま小平津田塾大学へー

夏のフィールドワークの報告ということで、フィールドワークのフィールドになっていたカマメだったのでお話をききにいく

津田塾大学 フィールドワーク報告

大学はきれいで、女子大なので女の子しかいなくて、なんだかいい香りがしてきそうでそんなキャンパスの中のきれいな建物での報告

かかるパネルや写真からすこしづつでもにじむ、釜ヶ崎のまちの空気と

このきれいな校舎や学校や学生さんたちとの対比がなんともいえず

いいなあ とおもう

 

酒がなくても話が出来る、と初めて思った カマメの旗が津田塾大学に 津田塾大学展示

 

その後いそいで明治学院大学へ大移動

平和研究所というところの所員にしていただいたので、平和についての研究会に参加しました

研究、、むずかしそうだな ついていけるかな… と思っていたのですが

研究会の趣旨を会を企画した勝俣先生から つたえられたえとき

そのことばのききやすさに ああ だいじょうぶだ とすぐにおもう

テーマは『資源と暴力』

グローバル化新自由主義化がすすむ中で、北と南、あるいはさまざまな先住民などが暴力的な排除や被害を受けていて

それについて、いろいろなおはなしがあって

すべてがいまのこの現場とつながって、人ごとでない ただごとでない とかんじる

すべてのことが興味ぶかくて、じぶんのことのようで、釜ヶ崎の問題ともつながることで、いろいろいろいろ考えさせられ

ほんとうに貴重なじかんでした

研究会の中で資料として出されたテキストで

インディアンの首長さんが土地のあけわたしを命じられたときに、命じた相手にあてた手紙というのがあり

それが、それはそれはすばらしくて

平和とか、対話とか、生とか そういうものは もう これにつきるのではないか とかんじたり

南の民族がみなとともに生きるために、考えたきまりや価値観というのが、カマメでみんながいっしょうけんめい考えてきたきまりややくそくと似ていることにおどろいたり

そして、生のために めんどくさい対話 をなんとかしていくことが大事だ

ということをみなさんとおはなしし

それでも、こういったはなしが、きれいなきれいな、それこそ暴力の中心であるような都市の大学の教室でされていることについてもかんがえながら

自分たちが活動している釜ヶ崎のまちのことをかんじながら その意味をかんがえながら それでもわたしがここにいること

現場に地に足をつけてかんがえている人がいることに勇気づけられながら もろもろをかんがえながら

平和研究会 つながるへいわ

カテゴリ

このページのトップへ