イベント情報

日記

作品&プロジェクト

◆◇シンポジウム シングルマザーの孤立と貧困 ~幼児放置死事件を契機に、その背景を考える~◆◇

◆◇シンポジウム◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇
 シングルマザーの孤立と貧困
 ~幼児放置死事件を契機に、その背景を考える~
◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

今夏、大阪市西区のマンションで、幼い男児と女児の遺体が発見されるという痛ましい事件があり
ました。原因は、23歳の母親の育児放棄と見られています。
この事件を始めとして、母親による児童放置死事件はセンセーショナルに報道されがちです。
しかし、その背景には貧困や孤立など、多くのシングルマザーが共通して置かれている状況がある
のではないでしょうか。脆弱な子育て支援体制、低学歴や貧困からくる情報からの阻害、社会保障の
不備の隙間を突く身近な「貧困ビジネス」としての風俗産業…

こうした悲劇を生まないために、私たちに何ができるのか。どのような社会的な取り組みが求めら
れているのか。
みなさんと一緒に考えたいと思います。

※※ 上記の二児放置死事件については、報道等に表れているケースの概要を、あくまでも議論の導
入として
参考にするものであり、当該事件の事実関係の解明や当事者に対する論評は予定しておりません。

----------------------------
日時 2011年1月30日(日)
     午後1:30~5:00(1:00開場)

場所 大阪司法書士会館3階ホール
http://www.osaka-shiho.or.jp/osakakai/access.html
 (地下鉄「谷町4丁目」駅下車8番出口徒歩3分)

資料代 500円(生活保護利用中等の方は無料)

*託児あります。
お子様連れの方もお気軽にご参加下さい
----------------------------

《登壇者》
コーディネーター:中野冬美氏
(生活保護切り下げに反対する実行委員。長年、母子家庭の当事者団体で活動し、国や行政に当事者
の立場で発言してきた。 
「女性のための街かど相談室 ここ・からサロン」共同代表。)

パネリスト
◆荘保共子氏
(大学卒業後,教会の青年活動の中で西成の子どもたちと出会う。'78年,西成警察署横に学童保育
「こどもの里」を開設。子供のケアにボランティアスタッフと共に取り組んでいる。'01年大阪市家
庭養護寮の認定を受ける。)

◆中塚久美子氏
(朝日新聞生活文化グループ記者。
子ども支援、貧困問題、虐待などを中心に取材を重ねてきた。)

◆渡辺和恵氏
('75年弁護士登録。いくの学園(DVシェルター)支える会会長、大阪弁護士会子どもの権利委員
会委員、元大阪の婦人保護事業を守る会会長、等。)

◆鈴木くみ子氏
(非婚死別シングルマザー・ケアワーカー・生活保護の切り下げに反対する実行委員などの立場から
活動。
現在、箕面市において「シングルマザーのおしゃべり会」の世話役をつとめている。)


主催 反貧困大阪ネットワーク実行委員会・生活保護切り下げに反対する実行委員会
共催 阪司法書士会

カテゴリ

このページのトップへ