イベント情報

日記

作品&プロジェクト

人権博物館 姫ゆりの塔 平和の祈り 皆で行く

メンバー5人、紅一点、ゆうこチャンが来てくれた
会場に着いて博物館の人に説明を受けた 予算もだいぶ削られ、しんどいそうだ ひめゆりの学徒さんの日記とか遺品が
展示されてて、戦争の悲惨さが伺えた もう一度 おかあさんに会いたい もう一度 弾の落ちてこない道を 歩きたい
青空が見たい、、この詩、どれだけ 辛かったか、俺も涙が出て仕方がなかった 若い16 17歳の乙女が
国のためとは言え 生きたくても生きられなかった、無念さ、友が歩けなかったら置いていかなければならない
極限の選択、酷すぎる、でも仕方なかった 此れが戦争なんだ 俺たちは、今 平和ボケしてる 命の大切さ
忘れているように思える事件が 巷では多いすぎる
俺も今日の日を忘れないでおこう 彼女たちの、勇気 けなげさ 二俺は何もすることができない
バカだけど 少しでも、自分を大切に、人も大切にをやる、語冥福を祈る
今の俺には此れぐらいしかできないもの

カテゴリ

このページのトップへ