イベント情報

日記

作品&プロジェクト

 「阪神・淡路大震災+Creative」マッピングプロジェクト のおしらせ

==========================================================

「阪神・淡路大震災+Creative」マッピングプロジェクト
発足会議開催!! サポートメンバー募集!!

==========================================================

KIITOの場を使った新しいプロジェクト
「阪神・淡路大震災+Creative」マッピングプロジェクトが始まります!

4月25日(月)19:00からキックオフミーティングが開催されますので、興味のある方は是非ご参加ください。



このプロジェクトは、東京在住の一人のクリエイターのある思いから始まりました。

3月11日の東日本大震災以降様々な場面で、様々なクリエイターが、様々な被災地支援活動を展開しています。そして、その様子はツイッターやフェイスブックなどのソーシャルメディアを通じてリアルタイムでレポートされ、瞬く間に私たちに目に飛び込んできます。

そんな大きなうねりの中で、若手のクリエイターやデザインやアート、建築を学ぶ学生たちのなかには、今回の震災に対して何もできない自分を恥じ、その無力感に苛まれている人も少なくないようです。

そうした状況の中で彼は、被災地の長い長い復興の時間軸の中で、その局面、局面でクリエイターによる様々な支援の形があったことを知りたい、そしてそれを多くのクリエイターたちが見ることができる形に表現したいと話してくれました。

今、私たちが、日々展開されている東日本大震災の支援の形をリサーチすることはできません。ただ、16年前に起こった阪神・淡路大震災を対象にすれば、これまで展開されてきたクリエイティブ分野(デザイン、アート、建築)の様々な支援の形をリサーチすることは可能であり、それらの活動を発災直後から今日に至るまでの長い時間軸の中でプロットしていくことはできます。

そして、このプロジェクトを通じて完成したプロット図は、東日本大震災の今後の支援に対しても、また、今後起こりうる未来の大震災の際の支援に対しても一つの指針になるに違いありません。

地道で、先の長いプロジェクトですが、しっかりとリサーチを積み重ねながら中身の濃いマップを作成していきたいと考えています。企画、リサーチ(書籍、ネット、ヒヤリング、など多数)、編集、制作、・・・本プロジェクトがこれから進めていく各セクションで活動を支えてくれるサポーターを募集します。

分野的にはデザイン、アート、建築を横断する形で対象にしたいと考えています。サポーターは、専門分野は問いません。クリエイティブ分野以外の方にもぜひ積極的にご参加いただきたいと思っています。

来る4月25日(月)19:00~発足企画会議をKIITOにて開催しますので、本プロジェクトに興味を持っていただける方はぜひご参加ください。


【発足会議(第一回企画会議)】
日時: 4月25日(月)19:00~21:00
会場: KIITO(貿易センタービル26階2620号室)
※全体企画会議は月1回程度の頻度で開催予定、その他ワーキング部会を随時開催予定。

発起人: 小林弘和(SPREAD代表)
協 力: 原久子(アートプロデューサー)、NPO法人プラス・アーツ、P3 art and environment、KIITO(※事務局)

ご参加いただける方は、件名に「「阪神・淡路大震災+Creative」マッピングプロジェクト参加希望」と記入の上、
?氏名(フリガナ)、?所属、?電話番号、?メールアドレスをメールまたはFAX、電話のいずれかにて下記申し込み先までご連絡ください。

申し込み先
Mail : info@kiito-kobe.net
TEL : 078-414-7134   FAX : 078-414-7135

それではみなさまのご参加をお待ちしております。

カテゴリ

このページのトップへ