イベント情報

日記

作品&プロジェクト

エントロピー学会 春の緊急研究集会のご案内

エントロピー学会 春の緊急研究集会のご案内
「原発の廃炉に向けて-福島原発同時多発事故の原因・影響の真相を総合的に解
明する-」

3月11日に、東北・関東大震災および福島原発事故が発生しました。エントロピ
ー学会は、創設以来、長年にわたり原発問題に取り組んで参りましたが、今回の未曾
有の福島原発事故の勃発を受けて、その原因や真相、そして影響を徹底的に解明する
必要があると考えております。そこで、春の研究集会を「原発の廃炉に向けて:福島
原発事故の原因・影響の真相を総合的に解明する」というテーマで開催することとい
たしました。記念講演者として、ジャーナリストの広瀬隆氏、特別報告者として元東
芝社員の設計技師の後藤政志氏をゲストとしてお迎えいたします。
皆様の積極的な御参加をお願い申し上げます。

【日時】 2011年4月23日(土)14:00~18:30 4月24日(日)10:00~17:00
【会場】 同志社大学 新町キャンパス「臨光館」 301号
(京都市営地下鉄烏丸線「今出川駅」より北西へ徒歩8分)
http://www.doshisha.ac.jp/access/ima_campus.html

【プログラム】※最終確認を得られていない場合があり一部変更する場合があり
ます。御了承ください。
4月23日(土)14:00~ 18:30
◎記念講演 広瀬隆(ジャーナリスト) 福島原発同時多発事故から何が分かっ
たのか そして、私達は何をすればいいのか
◎報告   福本敬夫(大阪大学教員) 原子炉から大気、水、食品、人体への
放射能汚染の広がりをどうみるのか
◎報告   菅井益郎(国学院大学教授)飯舘村現地調査の報告

4月24日(日)10:00~17:00
10:00~13:00
◎特別報告 後藤政志(元東芝技術者)福島原発事故で何が起こったのか:原発
設計技術者の視点
◎報告   井野博満(東京大学名誉教授)福島原発事故で何が起こったのか:
その意味するもの
◎報告   黒田光太郎(名城大学教授)東電・保安院などの事故対応・情報発
信はなぜお粗末なのか:柏崎刈羽原発での経験を踏まえて
◎報告   室田武(同志社大学教授)原発廃炉の経済学に向けて:二酸化炭素
1990年比25%の検証
◎報告   三輪大介(沖縄大学地域研究所特別研究員)上関原発の工事中止の
行方

14:00~17:00
◎パネルディスカッション パネリスト上記報告者等(広瀬氏以外)
司会:山田國廣(京都精華大学教授)・和田喜彦(同志社大学教授)

【参加費】会員・非会員同額/予約不要 一般:1,000円 学生:無料
(会員以外の皆様の参加も歓迎します。非会員の皆様、この機会に原発問題を真
剣に議論してきたエントロピー学会の会員になってください。
意欲ある学生・院生さんも会員になれます。)
【主催】エントロピー学会 【後援】同志社大学、同志社大学経済学会
エントロピー学会HP:http://entropy.ac/modules/bulletin
/index.php?page=article&storyid=529

【お問い合わせ先】同志社大学経済学部 和田喜彦 yowada@mail.doshisha.ac.jp
電話Fax:075-251-3582

カテゴリ

このページのトップへ