イベント情報

日記

作品&プロジェクト

ココルーム、カマメ7月のイベントスケジュール

こころのたねとして ワークショップ

日時:7月1日(金)17:30~
参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター

釜ヶ崎地域に生き、暮らし、働くさまざまな人の人生を聴き取り、それを詩にし、朗読・発表を行います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ぱそこん教室

日時:7月6日(水)18:00~19:00
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとからはじめるパソコン講座。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

コラージュやってみよう

日時:7月9日(土)13:00~15:00
参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター
ゲスト:飯沢耕太郎さん

飯沢耕太郎さんのコラージュ作品に触発され、カマメではこれまで何度か、みんなでコラージュ作品を勝手気ままにつくって来ました。今回は飯沢さんご本人がいらっしゃるので、コラージュのコツも聞けるかもしれません。お気に入りの写真のコピーや、いらなくなったチラシやごみなども使えますのでもってきてみてください。

飯沢耕太郎
写真評論家、きのこ文学研究家。1954年、宮城県生まれ。筑波大学大学院芸術学研究科博士課程修了。フリーの写真評論家として活躍。最近は、作家・アーティストとしても活動を開始。

最近のおもな編著書に、『写真的思考』(2009年、河出書房新社)、『きのこ文学名作選』(2010年、港の人)、『石都奇潭集 ストーンタウンズ・ストーリーズ』(2010年、サウダージブックス)などがある。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

山崎都世子監督映画上映会

日時:7月9日(土)17:00~19:00
参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター
ゲスト:山﨑都世子

「おっちゃん ~私の知らなかった世界~」
 1994年/18分
◎撮影・編集:山﨑都世子 ◎出演:西成で出会った人々
大阪・西成区。そこに広がる見たことのない世界を垣根のないカメラを通して、町と人と空気を体験できる“西成”ロードムービー・ドキュメンタリー。1994年の西成の風景と人々がこの作品には残っている。西成初上映。

「パンとキリスト」
 1995年→2008年リメイク/38分
◎プロデューサー:渡邊 崇 ◎撮影・編集:山﨑都世子 ◎タイトル:岡元雄作◎出演:大阪救霊会館で出会った人々。
西成にある教会『大阪救霊会館』に集まる人びと。前作『おっちゃん~』で大阪救霊会館を知り、再び西成へ向かう。教会に集まる人々が求めるのは、配られるパンなのか、キリストなのか。人間が生き続けていくことを無垢に見つめたドキュメンタリー。

上映後、山﨑監督によるトークもあります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

暮らしから考える日本列島―フォークロア入門

日時:7月10日(日)17:00~
参加費:カンパ歓迎/要予約
集合:ココルーム

「大阪の七墓を巡って大阪の庶民文化を復活させよう!」というフィールドワークの第2弾(街歩き+ディスカッション。
今回は飛田墓地跡、釜ヶ崎、飛田新地などを歩いた後、勉強会をおこないます。勉強会では「闘う人類学者」の岡本マサヒロが「無縁仏について」の話を。また「逍遥するツーリズムプロデューサー」こと陸奥賢が「大阪七墓について」の話をします。

■講師:岡本マサヒロ
自称・闘う人類学者。アフリカ滞在を経て、西成に流れつく。最近『釜ヶ崎 暮らしと居場所』(ココルーム実験双書1)をまとめた。
■案内役:陸奥賢(むつさとし)
自称・逍遥するツーリズム・プロデューサー。大阪生まれ大阪育ちの大阪人。大阪活性化のために、日夜、大阪のまちをそぞろ歩いている。株式会社まちらぼ代表取締役。

この勉強会は、いままで天六のベジタリアンカフェMINTOを会場としていましたが、今回よりココルームを会場とすることになりました。
詳細については、岡本(okamoto@cocoroom.org、06-6636-1612)までお問い合わせください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ゆるせつ会

日時:7月10日(日)15:00~16:30
参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター

ゆるやかだけれど切実。みんなで場づくりや企画運営に参加していくための会です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カフェ放送 てれれ 上映会

日時:7月12日(火)16:00~18:00
料金:500円

場所:カマン!メディアセンター

市民メディア・てれれの映像をみてみんなでおしゃべりします

http://www.terere.jp/cafe-new.html

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

釜ヶ崎句会

日時:7月13日(水)15:00~16:00
参加費:無料
場所:カマン!メディアセンター

みんなでたのしく俳句づくり!つくった句は近江八幡の句会に提出します。
七月の句題は、「梅干・晝寝・青田」です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

Vol.7 いま、原発被ばく労働を釜ヶ崎から問う

日時:7月13日(水)17:00~18:30
参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター
コーディネーター:熊本拓矢

Vol.5にひきつづき、堀江邦夫『原発ジプシー』(現代書館、初版1979年)をみんなでよみます。

原子力発電は、被ばく労働で作業員の命を磨滅させ使い捨てにする、その繰り返しによる
保守点検・維持がなされなければ、運転できません。
にもかかわらず、原発の将来的な稼動継続という選択肢がもしこの国にまだありえるとしたら、その選択を「推進」する社会観・人間観とはいったい何なのか、釜ヶ崎でいま問いたいと思います。

いっしょに、映像『隠された被曝労働~日本の原発労働者~』(イギリス・チャンネル4制作、1994年)もみます。原発労働の問題を長年追ってきたジャーナリストの樋口健二さんが制作にたずさわった作品です。英語タイトルは「NuclearGinza(核の銀座)」。大阪から「原発銀座」へ働きに出た労働者たちに取材した映像で、釜ヶ崎も映し出されています。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

釜ヶ崎まちあるき

日時:7月14日(木)15:00
参加費:1,000円(大学生・500円、高校生以下・子ども・しんどい方は無料)
集合:ココルーム

労働者の街、芸能の街、大正モダニズムの建築物が残る街、昭和の香り漂うアーケードのある街、社会福祉の街、日常生活に根づいた「表現」が身近に感 じられる街…。さまざまな顔をもつ釜ヶ崎の街をゆっくり歩いてみませんか。気分転換をかねて東日本から大阪にいらした方も是非どうぞ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カルタづくりに挑戦

日時:7月15日(金)15:00~17:00
参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター

テキストや絵を描いて、釜ヶ崎やココルームのカルタつくってみる試み。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カマメ大掃除の日

日時:7月17日(日) 一日中
参加費:無料
場 所:カマン!メディアセンター

散らかって来たカマメをみんなで大掃除します。ぜひご参加を!壁の棚も整理してみたいと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

散歩して銭湯に行こう

日時:7月18日(月)15:00~17:00
参加費:銭湯代410円
集合:ココルーム

ココルームの近くには、たくさんの魅力的な銭湯があります。まちを散歩して、銭湯に行きます。タオルなどはご持参ください。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

こころのたねとして ワークショップ

日時:7月19日(火)16:00~
参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター

釜ヶ崎地域に生き、暮らし、働く人、この地を訪れた人、さまざまな人の人生をお互いに聴き取り、それを詩にし、朗読・発表を行います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

えんがわ健康相談会

日時:7月20日(水)14:00~15:00
参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター

血圧をはかってみましょう。おくちのケアを学びましょう。
鶴見橋訪問看護ステーションから看護士さんが、カマメの前で血圧をはかってくれます。
渡辺往診歯科から歯科衛生士さんが、お口のちょっとした相談や歯磨きの講習をしてくれます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

ぱそこん教室

日時:7月20日(水)18:00~19:00
参加費:500円
場所:カマン!メディアセンター

電源ぽちっとからはじめるパソコン講座。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

釜ヶ崎大学

日時:7月21日(木)18:30~
参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター

題名:「大阪釜ヶ崎地区における単身高齢者の居場所及び地域資源のあり方に関する研究」

発表者:中村和晶さん(大阪市立大学大学院工学研究科)

学びたい人が集まれば、大学になると、私たちは考えます。
昨年度で終了した「釜ヶ崎の思想を囲むつどい」のあとを受け、いよいよ釜ヶ崎大学がスタート。釜ヶ崎大学は、学びたい人たちが自由に学ぶことができるために、20115月に開校しました。第一回は、ココルームをフィールドとし卒業論文を書いた石川翠さんに発表していただきました。

今回は、大阪市立大学大学院で建築学を専攻する中村和晶さんに発表していただき、その後参加者みんなでディスカッションをします。

 

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

〈釜ケ崎ねぷた〉の下絵を描こう

日時:7月22日(金) 15:00~
参加費:無料(申込不要)
場 所:カマン!メディアセンター

今年もみんなで「ねぷた」をつくります。
東北・青森の夏の風物詩となっている「ねぷた」。
いまや「ねぷた」は日本の各地に広まり、昨年夏には大阪市釜ヶ崎でもつくられるようになりました。

この日はみんなで下絵を描きます。この日来られない方は、24日まで下絵を描けるようにしておきます。

*作成した「ねぷた」は、三角公園で開催される夏祭り(8月13日~15日)の盆踊りの櫓に飾られるほか、会期中におこなわれる「ちんどん練り歩き」でも使用されます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

おざわけんじの「うさぎ」を読む会

日時:7月22日(金)19:00~
参加費:300円(お茶・お菓子つき)もしくはワンドリンクオーダーよろしく。
場所:ココルーム

おざわけんじの「うさぎ!」を読みます。みんなで思ったことを話しましょう。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

シェイプUPボーイズ/アコースティックライブ

日時:7月23日(土)19:00~
参加費:投げ銭
場所:ココルーム

生ギターとピアノと歌で演奏する2人組バンドです。
元々はブギウギというジャンルの音楽が好きで、演奏も作る曲たくさん影響を受けてきましたが、
最近では日本人にとってステキな曲とオリジナリティーを追及しています。
全曲オリジナルでがんばります。どうぞお気軽にお越しくださいませ。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

歩いて釜っぷをつくる会

日時:7月24日(日)16:00~18:30
参加費:無料(カンパ歓迎)
集合:カマン!メディアセンター

一時間ちょっとの街歩きをしてみつけたおすすめポイントを、後の一時間でマップにします。
東北の大きな地震をうけ、余震や原発が不安な方など、この釜ヶ崎にも、多くの人がいらっしゃっています。一時的にでもこの街に滞在する時に、あったらいいものは何だろう、とみんなで考える中で、それぞれのおすすめポイントがわかる地図を作りたいという案が出ました。地図にはないこの「釜ヶ崎」という街の魅力を発見してゆく会です。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

みんなで〈釜ケ崎ねぷた〉をつくろう!

日時:7月25日(月)14時~
参加費:無料(申込不要)
場 所:カマン!メディアセンター(かまめ)
指 導:ねぷた絵師 対馬 昭

今年もみんなで「ねぷた」をつくります。
東北・青森の夏の風物詩となっている「ねぷた」。
いまや「ねぷた」は日本の各地に広まり、昨年夏には大阪市釜ヶ崎でもつくられるようになりました。

みんなと一緒に独創的な「釜ケ崎ねぷた」をつくり、夏を彩りませんか。

*作成した「ねぷた」は、三角公園で開催される夏祭り(8月13日~15日)の盆踊りの櫓に飾られるほか、会期中におこなわれる「ちんどん練り歩き」でも使用されます。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

カマン!TVを見る会

日時:7月25日(月)19:00~
参加費:無料(カンパ歓迎)
場所:カマン!メディアセンター

アサダワタルさんがあやつるテレビをみんなで見ます。ジュークBOXテレビ版とも、紙芝居屋さんのテレビ版とも言えるおなじみ企画!

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

『釜ヶ崎ノ土』を読む会

日時:7月26日(火)15:00~16:00
参加費:無料
集合:カマン!メディアセンター

『東渕修詩集・釜ヶ崎ノ土』(1973年、地帯社)をみんなで読みます。
テキストはココルームにありますので、手ぶらで気軽においでください。

東渕修
大阪市西成区の釜ヶ崎に暮らし、1968年から詩誌「銀河詩手帖」を主宰。「釜ヶ崎詩人」と呼ばれた。2008年、急性心筋梗塞(こうそく)で死去。享年77歳。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

山王ミニ夜まわり

日時:7月27日(水) 
よまわり開始20:00 終了21:00
参加費:無料
集合:ココルーム

16:00頃~ おむすびなどすこしづつ準備
19:10~  みんなでごはん(カンパ制)、ミーティング
20:05~  よまわり開始
21:00頃  終了

※野宿のかたに、おむすびやカイロ、情報をくばります。
お米、梅干し、サランラップ、飴、海苔、カイロなど、寄付も受け付けています。
お茶をいれるペットボトルも不足気味なのでよろしくお願いします。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

お茶と微分帖の午後

日時:7月29日(金)午後
参加費:無料(何かドリンク飲んでくれると嬉しいな)
場所:カマン!メディアセンター、ココルーム

美術家・宮田篤さん考案の「微分帖」という遊びをして、遊びます。何人ものひとと、言葉遊びをしながらひとつのお話を紡いでゆく遊びです。この日の午後ココルームやカマメに来てくれた方にどんどん声をかけて、いくつかの「微分帖」をつくります。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - -

釜ヶ崎まちあるき

日時:7月30日(土)16:00
参加費:1,000円(大学生・500円、高校生以下・子ども・しんどい方は無料)
集合:ココルーム

労働者の街、芸能の街、大正モダニズムの建築物が残る街、昭和の香り漂うアーケードのある街、社会福祉の街、日常生活に根づいた「表現」が身近に感 じられる街…。さまざまな顔をもつ釜ヶ崎の街をゆっくり歩いてみませんか。気分転換をかねて東日本から大阪にいらした方も是非どうぞ。

カテゴリ

このページのトップへ