イベント情報

日記

作品&プロジェクト

イルコモンズ監修「アトミックサイト」展 のご案内

▼イルコモンズ監修「アトミックサイト」展

[日時] 2011年7月18日(月)-8月7日(日) 14:00-20:00(予定)
※25(月)/26(火)/1(月)/2(火)は休館
[場所] 東京・現代美術製作所
東京都墨田区墨田1-15-3
www.c-a-f.jp/
※入場無料
※冷房設備なし

「夢の原子力エネルギーから、悪夢の原発事故までの半世紀」をサブカルチャーの視点から回顧し、3.11以後のカウンター・カルチャーを展望した「アトミックラウンジ」展は、予告篇にすぎませんでした。2011年5月、東京神保町の「路地と人」で限定公開された「アトミックラウンジ」アーカイヴ展が、「アトミック・シアター」「アトミック・リサーチラボ」「アトミック・デモ・ギャラリー」とともに東京墨田区の「現代美術製作所」に出現します。日本全国に点在する「原子力発電PR施設」に対抗し、「ファンタジーとしての原発安全神話」を脱構築する反/脱原子力PR施設、それが「アトミックサイト」です。「フクシマ以後、安全を語ることは野蛮である」。「NO PLACE TO HIDE=もはやかくれる場所はない」。政府をあてにするのやめ、「自分たちでそれを検出しよう(DIY: Detect It Yourself)」。幻想でも空想でもなく、いま・そこにリアルなものとして存在する、みえない・きこえない「フォールアウト※」を生きのびるための、対抗的な知と実測と抵抗のシェルターへ、どうぞご来場ください。

(※フォールアウト=放射性物質の降下)

★アトミックサイト展 特設WEBサイト http://atomiksite.wordpress.com/

[主催] イルコモンズアカデミー
[参加] 石川雷太、伊東篤宏、Julia Leser & Clarissa Seidel、中村友紀、山川冬樹、吉田アミ
[協力] 現代美術製作所、路地と人、IRA、いるといらとそのなかまたち、素人の乱、MAPPIN PROTEST TOKYO、東京砂場プロジェクト、測定器47台プロジェクト、市民放射能測定所、原田企画、藤原夏来

カテゴリ

このページのトップへ