イベント情報

日記

作品&プロジェクト

8月のココルーム、カマメのイベント・スケジュール

 


 

詩の学校 お盆編「それから」

 

日時:201183日(水)18:30 應典院ロビー集合 21:30終了予定

大蓮寺にて 秋田住職による法要

墓地にて ワークショップ 詩作・朗読

参加費 1000円 経済的にしんどい方は無料でけっこうです

持参するもの 筆記用具 ノート 虫よけスプレー 懐中電灯

*雨天の場合は墓地が見渡せるロビーでの開催となります

 

ファシリティター 上田假奈代  www.kanayo-net.com

会場 大連寺墓地内

 

お申込み  info@cocoroom.org 06-6636-1612(ココルーム)

主催 NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)

共催 應典院  大蓮寺

 

死と詩が同じ発音をもつのは、たんなる偶然ではないと思う

生きることは、出逢いなおしつづけること、かもしれない

 

夏風渡る墓地で

墓石の影がつくる夜のはじまりに

沈黙よりもふかい静けさで

 

應典院さんが NHK-BSのテレビの取材をうけていて「それから」「詩の学校」の取材もおこないたいとのことです

お墓での「それから」は 特別な時間なので テレビの取材はそぐわないのもよくわかっていますが

せっかくの應典院さんの紹介でもあるので

主旨をよくわかっていただき よく配慮していただき 取材をうけようと思っています

参加される方は、そのてんも配慮をいただき ご参加ください

 

 

釜ヶ崎ねぷたを完成させよう

 

日時:201185()14:00

参加費:無料(申込不要)

場所:カマン!メディアセンター

 

今年もみんなで「ねぷた」をつくっています。 東北・青森の夏の風物詩となっている「ねぷた」。 いまや「ねぷた」は日本の各地に広まり、昨年夏には大阪市釜ヶ崎でもつくられるようになりました。

この日は、先日ロウや色を入れた和紙を骨組みに貼る作業をします。

*作成した「ねぷた」は、三角公園で開催される夏祭り(813日~15日)の盆踊りの櫓に飾られるほか、会期中におこなわれる「ちんどん練り歩き」でも使用されます。

 

 

メディア・ジャミング

こころのたねとして 2011

~誰かの出逢ったヒト・コト・モノで詩をつくる。夏はいつも一度きりだから

 

日時:201187()13:0016:00

参加費:無料・カンパ歓迎

場所:カマン!メディアセンター

講師:上田假奈代(詩人・詩業家)

 

プログラム

13:0014:30 詩作

14:3015:00 休憩

15:0016:00 朗読

 

手法『こころのたねとして』

他者に聴き取りを行ない、そこから詩をつくる手法。朗読や印刷物などにして発表を行う。詳しくは『こころのたねとして』(ココルーム文庫 2008)を参照。

今回はツアーに参加した二人一組でペアをつくり、ツアーで出逢ったヒト・コト・モノについて語り、お互いを聴き取りをし、聴き取りから詩をつくり、朗読発表する。

体験を共にした人が、どのように感じたかをとらえることによって、自らの経験を深めていくことを目的とする。そして、ツアーで出会った人たちへのお返しとしてのことばの作品をつくり、メディアのもつ相互関係を深める。

 

 

なつまつり壁新聞とサインづくり

 

日時:201188()13:0018:00

参加費:無料・カンパ歓迎

場所:カマン!メディアセンター

 

今年も812日~15日に三角公園にて、釜ヶ崎夏祭りが開催されます。その際設置される掲示板に貼る壁新聞をつくったり、祭りを盛り上げるサイン看板を作ったりします。壁新聞は原発に関するものを、という声があり、みんなで作ってみようと思います。

 

 

 

 

原発勉強会 vol.8 釜のえんがわで、『原発ジプシー』読書会

 

日時:201188()18:0019:30

参加費:無料・カンパ歓迎

場所:カマン!メディアセンター

 

Vol.7にひきつづき、堀江邦夫『原発ジプシー』(現代書館、初版1979年)をみんなでよみます。
前回の読書会では、通りがかりのおっちゃんで、原発労働経験のあるかたが、お話を聞かせてくれました。はたまた通りすがりのおばちゃんは、広島の原爆の記憶、自身の呉市での空襲被災、負傷、障がいをおった経験、そして罹災の記憶を食い縛った歯の奥、胸の底にこらえ、動かない片腕を抱え差別のまなざしに耐えて生きた戦後の半生を、語ってくれました。
釜ヶ崎の「えんがわ」はどんな予断もゆるしません。でもだからこそ、底無しに豊饒です。そんな場所で、『原発ジプシー』読みましょう。

 

釜ヶ崎句会

 

日時:2011810()15:00 参加費:無料・カンパ歓迎 場所:えんがわ茶屋 こころぎ

こころぎ→http://www.cocoroom.org/kokorogi/index.html

 

みんなでたのしく俳句づくり!つくった句は近江八幡の句会に提出します。

八月の句題は、「新涼・ヒグラシ・新蕎麦」です。今回は、こころぎを会場としますので、お間違えなく。

 

 

釜ヶ崎夏祭り

 

日時:2011812()前夜祭、13()15()

場所:三角公園など

40回を迎える釜ヶ崎の夏を彩る夏祭り!

 

ココルームからは、ちんどんパレードにねぷたやおみこしを担いで行ったり(12)、尾久土先生と天体観測会をしたり(12)、習字コーナーをつくったり(1315)、原発に関する壁新聞を掲示したり(1315)します。ステージには釜凹バンドも出演(13)!詳細は追ってアップします。

 

 

七墓参り

 

 「大阪の七墓を巡って、大阪庶民の祈り、都市文化を復活​させよう!」という実践的フィールドワーク第3弾のご案​内です。

かつて江戸時代の大阪では「大阪七墓参り」という大阪庶​民の信仰と都市遊戯(若いカップルのデートコースに​なっていたぐらい大流行しました)がありました。このプ​ロジェクトは、その大阪七墓参りを復活させることで、大​阪庶民の都市民俗を考えようというものです(いたってマ​ジメなプロジェクトですのでノンアルコールで!終わって​から飲みましょう。笑)

今回はいよいよ盆の夜に「大阪七墓参り」を約150年ぶ​りに復活、実施します。午後6時にココルームを出発して​飛田→阿倍野→梅田→南濱→葭原→蒲生→小橋→千日前と​巡ります(途中でJRを使います)。解散は午後10時前​後を予定。

案内役は「闘う人類学者」こと岡本マサヒロと​「逍遥するツーリズムプロデューサー」こと陸奥賢。コー​ディネイターは「いまさら聞けない勉強会」主宰の多田衣​里です。

■案内役:オカモトマサヒロ
自称・闘う人類学者。昨年より「NPOこえとことばとこころの部屋」(ココ​ルーム)に。共編著『釜ヶ崎 暮らしと居場所』​(ココルーム実験双書1)。

■案内役:陸奥賢(むつさとし)
自称・逍遥するツーリズム・プロデューサー。大阪生まれ​大阪育ちの大阪人。大阪活性化のために、日夜、大阪のま​ちをそぞろ歩いている。株式会社まちらぼ代表取締役。

■コーディネイター:多田衣里
「いまさら聞けない勉強会」主宰。パーマカルチャーやオ​ーガニックなど自然で農的なことに関心が強い。持続可能​な自分を目指して邁進中。

●実施日時:8月15日(月)18時~
●集合場所:ココルーム集合

 

●募集定員:20名ほど *要予約(詳細につきましては、岡本までお問い合わせください。06-6636-1612, info@cocoroom.org

●参加費:カンパ制

 

 

 

 

フェルデンクライス体操教室

8月9日(火)14時~
8月16日(火)14時~
会場:こころぎ 大阪市西成区萩之茶屋2-7-7 支援ハウス路木1階
参加費:無料(カンパ歓迎)
講師 :小手川望

フェルデンクライス・メソッドの体操は、床にゴロゴロしながらゆっくりとした動きを繰り返す中で、自分の体を再認識して動きの質を向上させることをめざします。
自分のペースでゆっくり行おこなえる体操です

 

 

えんがわ健康相談会

 

日時:2011817()14:0015:00 参加費:無料・カンパ歓迎

場所:カマン!メディアセンター

 

血圧をはかってみましょう。おくちのケアを学びましょう。

鶴見橋訪問看護ステーションから看護士さんが、カマメの前で血圧をはかってくれます。渡辺往診歯科から歯科衛生士さんが、お口のちょっとした相談や歯磨きの講習をしてくれます。

 

 

釜ヶ崎大学

「三角公園と夏祭りの歴史―釜ヶ崎の文化について考える」

 

 

日時:2011817()18:30

要予約:0666361612info@cocoroom.org

参加費:無料・カンパ歓迎

場所:カマン!メディアセンター

 

講師:水野阿修羅

 

今年の6月に開校した釜ヶ崎大学。今回は、水野阿修羅さんをむかえ、釜ヶ崎の三角公園と夏祭りについて話していただき、みんなで釜ヶ崎の文化について考えます。

 

※会場の関係上、参加者人数を把握したいため、参加希望の方は事前に予約をお願いします。

 

 

ゆるせつ会

 

日時:821()16:00

参加費:無料・カンパ歓迎

場所:カマン!メディアセンター

 

ゆるやかだけれど切実。みんなで場づくりや企画運営に参加していくための会です。

 

 

にがおえ、ひとのえ、わたしのえ


日時:2011月08月23日 15:00~16:30
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

初対面の人たちとペアになってお互いの似顔絵を描きます。そのとき、お互いの名前を聞いたり、お話聞いたりしながらその人のイメージをふくらませてみてください。描き終わったら下に、その人へのメッセージをつけて下さい。企画:西島花乃子(明治学院大学)

 

 

GO WEST
こころのたねとして

日時:2011年8月24日(水)19:00~21:00
参加費:無料・カンパ歓迎
場所:カマン!メディアセンター

明治学院大学の学生が、表現と自治とを学びながら西へ旅する事業「GOWEST」。見沼田んぼ福祉農園、郡上八幡、奈良たんぽぽの家、そして釜ヶ崎へたどりついた学生らが、旅で出会った人について、詩の作品にし、朗読発表をします。後半には、参加者のみなさんと一人二組になり作品をつくります。

 

 

 

おざわけんじの「うさぎ」を読む会

 

日時:826()19:00

参加費:300円(お茶・お菓子つき)もしくはワンドリンクオーダーよろしく。 場所:ココルーム

 

おざわけんじの「うさぎ!」を読みます。みんなで思ったことを話しましょう。

 

 

OCA!~こども向けワークショップの現場で学ぶ(第一回)

 

日時:828()15:3018:30

参加費:無料・要申込 集合:ココルーム

講師:北村成美(ダンサー)

 

西成区のこどもの施設でアートワークショップを実施。その現場に参加することによって専門的な知識を持つアーティスト講師のファシリテートを学びます。ワークショップ終了後は講師とともにふりかえりを行います。

 

ワークショップは全七回となっています。続けての参加が望ましいですが、一回だけでも参加可能です。

講師:北村成美(ダンス)

会場:こどもの里

日にち:2011828()925()1023()1120()

時間:各日 15:3018:30

 

講師:岩橋由莉(表現教育)

会場:山王こどもセンター

日にち:20111111()25()129()

時間:各日 16:0019:00

 

北村成美(ダンサー)

ダンサー・振付家。通称、しげやん。6歳よりバレエをはじめ、20歳で渡英。ロンドン・ラバン・センターにてコンテンポラ リーダンス、振付を学ぶ。「生きる喜びと痛みを謳歌するたくましいダンス」をモットーに、国内外で精力的な活動を展開。第1TORII AWARDにおいてフランス賞と観客賞、平成15年度大阪舞台芸術新人賞を受賞。トヨタコレオグラフィーアワード2008、ファイナリストに選ばれる。 2009年、大分・別府のフェスティバル「混浴温泉世界」への参加を機に「別府レッグウォーマーズ」を結成。びわ湖ホールにて小学生20名による作品「く るみ割り()人形と二十日(ぐらい)ねずみの戦争☆キャー!!」を発表。2010年、京都芸術センター「ダンス4オール」出演者と共に「京都フェブラ リーズ」を結成。これらご当地ダンサーズの拠点・稽古場として「草津ダンス道場」を開く。

 

 

こころのたねとして ワークショップ

 

日時:830()17:30

参加費:無料・カンパ歓迎

場所:えんがわ茶屋 こころぎ

こころぎ→http://www.cocoroom.org/kokorogi/index.html

 

釜ヶ崎地域に生き、暮らし、働くさまざまな人の人生を聴き取り、それを詩にし、朗読・発表を行います。

 

 

カルタづくりに挑戦

 

日時:831()15:0016:30

参加費:無料(カンパ歓迎)

場所:えんがわ茶屋 こころぎ

こころぎ→http://www.cocoroom.org/kokorogi/index.html

 

テキストや絵を描いて、釜ヶ崎やココルームのカルタつくってみる試み。この日はテキストをつくります。

 

 

カマン!TVを見る会

 

日時:831()19:30

参加費:無料(カンパ歓迎)

場所:カマン!メディアセンター

 

アサダワタルさんがあやつるテレビをみんなで見ます。ジュークBOXテレビ版とも、紙芝居屋さんのテレビ版とも言えるおなじみ企画!

 

 

カテゴリ

このページのトップへ