イベント情報

日記

作品&プロジェクト

【報告】 原発勉強会vol.6 細胞から分子へ原子へそして宇宙へ

【報告】 原発勉強会vol.6 細胞から分子へ原子へそして宇宙へ

 

ココルームでは、ミュージシャン(夕焼けにゃんにゃんのメンバー)として知られる西本豊氏、またの名をにゃんにゃんせんせい。

にゃんにゃんせんせいには知られざるもうひとつの顔があった。それは、細胞学の専門家。

学生時代に、細胞について研究し、それを応用して癌治療の特許を取ったりもしたという。

 

細胞を学ぶなかで、にゃんにゃんせんせいは、細胞の素晴らしさに気づき、

そして、細胞を構成する分子や原子の世界にも魅せられていった。

原子とは、この世のすべての物質を構成する最小単位のものである。

私たち人間は、食事や呼吸、排泄など日常のあたりまえの行為のなかで、

他の物質や生物と原子のやりとりをしているという。

にゃんにゃんせんせいは、このことを「原子の共有」と呼ぶ。

 

原子の共有の範囲は、この地球のなかのみにとどまるのではなく、

ひろく宇宙全体にもおよぶという。

 

このような事実に、多くの人たちが気づいてくれたなら、

この世界はもっといいものになるのではないかというのが、にゃんにゃんせんせいの主張。

とてもいい話しでした。

最後には、今日の話しの内容をイメージしたギターを弾いてくれました。

お)

 

以下は、参加者の感想です。

 

 

■中学、高校の化学の時間に原子分子を授業で習ったので、

仕組みは理解していたのですが、

「人も宇宙だ」という発想に、なるほどなと思いました。

ビッグバンで作られた原子は何百億年も宇宙をただよって、

私の体の一部になっているんだと考えると、不思議です。

K・H

 

 

■「ニャンニャン先生の講義の感想」

宇宙は原子でできていて

ぼくらは原子を共有していて

ひとりひとりが気持ちいい

世界をつくることを

やりはじめたら

とても良い世界になる

という教えは「ああそうだなあ」

と思いました。

なかなか共有感を

もつことはむずかしいかも

しれないけど

こういう視点ももっておくべき

そうじゃないと世界が

とても閉じたせまいばしょに

感じてしまう。

そうなってほしくない。

(というか今がちょっとそんなカンジなので変わってほしい)

大河原

 

 

■生きてるというのは、本当に不思議なことで、

どこからきてどこへ行くのか、死んだらどうなるのか、

考えてみてもわからないことだらけ。

日々いろんなことがあるけれど、それでもやっぱり

相当大きな目でみれば生きていることは素晴らしい。

そう思うのです。

信じられるものの定義として一つ、限りあるものと思っています。

なので宇宙は信じられないのですが

それでも好きなので そういう なんか 信じられるきっかけとか

もらえるかなぁと思ってのこのこやってきました。

遅くなってしまったし、みなさん声が小さくて

ほとんどききとれませんでしたけど、

いろんな人に会えてよかったです。

CDはもんのすごーく聴いてます。

ライブして下さいよ、ライブ。ライブ!!

ぱろ

 

 

■最初から聞きたかったです、遅れてごめんなさい。

ビッグバンの時から考えると、みんな原子を共有している、というアイデアは

あらためていわれると、ああそうだなあと納得しました。

ウランが何で地球上に埋蔵されていたんだろう、ということや

原子力という発明、技術などということを連想しました。

人間も、あたりまえですが、宇宙の一部。

原子が技術を生み出すことができる一方で、そういう想像ができるのも人間で、

すごいなあと思いました。

福島の子どもたちが少しでも安全にすごすことができるように、祈りたいです。

小手川望

 

 

■無限の宇宙の広さ。

その中で人間という小さな生き物や動物、

ウイルスや放射能、原発と戦っているのを感じた。

松ちゃん

 

 

■宇宙の映像を見ながら

「人間は何やってんのやろ」て考えていた。

沼津広明

 

 

 

 

 

カテゴリ

このページのトップへ