イベント情報

日記

作品&プロジェクト

昨日ココルーム、夜回り野宿をする仲間が減ったなんであれ、いいことだ。仲間よ、くじけないでくれ

夜回りの準備、20人分つくる。
ココルームにきていた学生の女の子が配る時、一人で、野宿者に

おにぎりを渡すのが、こわいと言った。初めての人には、いろんな、情報のなかで

作り上げられた、釜の日雇い労働者にたいしての、偏見、差別があること、

身にしみ感じた。なぜ、野宿をするに至るか。人間の尊厳すら、否定しなければ
なかなか出来ない、判らないのか。生きることの意味お互いに、同じ人間と、見たら 何も構えずに

やれるんでは、ないだろうか。
釜は何も特別ではない

カテゴリ

コメント(2)

私がこわいと言ったのは野宿する人がこわいのではなくて、その人に失礼なことを言ってしまわないかやどの程度話すのかなどがわからなかったからです。今までの夜回りで築かれた信頼関係や距離感があるだろうと思っていました。なので初めての私がいったら不審者みたいに扱われるのかとも考えました。

このページのトップへ