イベント情報

日記

作品&プロジェクト

昨日、寿町からココルーム三人来てくれた。街案内した。カマメで寿灯祭の気持ちを込めた絵を描く。カマボコバンドライブ、やった

11月初め、横浜寿町で世話になった 橋本さん、薫さん、知恩ちゃんが来てくれた釜ヶ崎を


案内しようとしたら、ココルームにバンド仲間の赤井君がアフリカの、パーカッションの男性を連れて来て、太鼓が盛り上がってた、

みんなで聴き、ココルームで、昼ごはんを食べた。してカマメに三人を連れて行き、やってること、説明した、2階にあがり、改装中のフローリング張った6畳間を

見てもらった。
12時からの街案内が、なんと1時半になってしもうた、2時から釜凹スタジオで、CD吹き込みがある、えーい、まあいいか、

センターから特掃、シェルターの説明 医療センターの依頼券のはなし、萩ノ茶屋小学校前の、屋台撤去、仏現寺公園が30年以上の

封鎖から、市民の地道な活動でこども広場として、ことし7月ごろ、解放したこと、話した

四角公園での1980年からの炊き出し、若草保育園、ここみちゃんも、通ってること、いよいよ 労働者の拠点である、三角公園へ

その手前の、まんぷく食堂を紹介、300円からの定食があること、寿町のさなぎ食堂みたいに安い、ちなみに、俺も、朝、300円で

目玉焼き定食を食べた。

道中、しけ張りが立っていた、寿町は
先だって行ったが、ノミ行為が、オープンに、やられていた、今の、釜は、警察の手入れが、頻繁で厳しい。

三角公園の中で、40年前夏祭りを、やくざとの闘いの中命がけで労働者が勝ち取り1回目が行われた歴史を話した

街頭テレビ、薫さんが10年まえぐらい来たとき高校野球、横浜、松坂投手の試合を見たと、話してくれたのが

印象的だった。

シェルターの紹介と ふるさとの家の、釜での労働者に対して、大切ななくてはならない、存在

西成警察、子供の里、中に入り、説明を、3にんにしてもらった

なんばや、立ち飲みや、ライブあり、今釜で熱い店である「

しょんべんガードくぐり、市更相の説明、2時半 ここで、飛田は後で、行く約束をして、とりあえず、釜凹スタジオ一目散

ちゅかれてひとやすみ、

カテゴリ

このページのトップへ