イベント情報

日記

作品&プロジェクト

日本ボランティア学会主催カフェ連特別篇 はたけでカフェトーク 「見沼の炉辺から、福島を想う」

2012年3月18日開催
日本ボランティア学会主催カフェ連特別篇
はたけでカフェトーク
「見沼の炉辺から、福島を想う」

農作業と食事作り、そしてみんなでご飯――。
原発災害の中でで揺るがされた<いのちの営み>に
こだわりながら、人と出会う。福島のこと、東北
のこと、放射能のこと、原発のこと、私たち
自身のいのちのことを語り、そして全身で考える。

日時 3月18日(日)10時~16時(途中参加も歓迎です)
会場 見沼田んぼ福祉農園
http://homepage2.nifty.com/minumafarm/
アクセスをご確認ください

ゲスト
福島市から 中野 瑞枝さん
高橋 誠子さん
飯舘村から 安齋 徹さん
阿部 久美子さん

農作業指導
人見 太郎さん(見沼田んぼ福祉農園スタッフ/農家)

主催 日本ボランティア学会
共催 見沼田んぼ福祉農園
協力 明治学院大学国際平和研究所

会費 食費500円+ゲストの方へのカンパ


◆企画当日の流れ
午前9時15分 東浦和駅改札口集合
国際興行バスにて移動。
(さいたま東営業所行きで、「総持院前」下車)

午前10時~12時 見沼田んぼ福祉農園到着
着替えの後、農作業(ジャガイモの植え付け+草取りなど)
#雨天の場合は、福祉農園周辺の散策

12時~14時30分 カフェトーク
焚火の周りでカフェトーク
#雨天の場合は、ビニールハウスで開催

午後14時30分~16時 午後作業。随時解散。

#夕刻から、見沼・風の学校の卒業を祝う会があります。
参加希望者はご連絡ください。

◆必要な準備
農作業を行いますので、汚れてよい服装(長袖・長ズボン)、
長靴か地下足袋(なければ汚れてもよい運動靴でも大丈夫)、
帽子、軍手、防寒着をお持ちください。
着替えスペースは農園内にあります。
車で来られる方は、ご一報ください。福祉農園に駐車スペース
はありますが、駐車可能な台数に制限があります。

◆参加申し込み先
参加希望の方は、3月17日12時までに、E-mailにて参加申し
込みをお願いします。
はたけでカフェトーク事務局(猪瀬浩平)
E-mail kazekoukou●ybb.ne.jp(●を@に変えてください)
電話番号 090-6938-9211


◆追加情報
この企画は、日本ボランティア学会2012北浦和大会(2012年
6月30日~7月1日開催)のプレイベントとして開催します。

カテゴリ

このページのトップへ