イベント情報

日記

作品&プロジェクト

釜ヶ崎芸術大学講義録【哲学】第三回

 

日時:1月19日(土)14:00~16:00

場所:西成市民館

講師:西川勝

[スタッフのメモより]

 

西川さんが経験した看護の現場での話から始まる。嚥下は可能だが痴呆を理由に胃ろうをつけた患者さんが「食べたい」という意思を表したため、医療チーム一丸となって口からの摂食を回復させていった。食い入るように聞く参加者たち。これを受けて「食べる」とは何か?と問い、一人ずつ自由に話してもらう。それぞれに自身の体験を交えながら、自らの視点で語った。哲学史の話に寄ってしまった初回と比べて、西川さんがしきりに言う「哲学=自ら考える」ということに肉迫した時間だった。

 

 

simg079 simg080 simg081 simg082 simg083

 

 

130119哲学

カテゴリ

このページのトップへ