イベント情報

日記

作品&プロジェクト

えんがわおしゃべり相談会 「悲しみから希望へ ~大切な人を失ったあとに」

日 時:2013106() 15:0018:00

参加費:無料

講 師:尾角光美(一般社団法人リヴオン代表)、西川勝(看護師)

場 所:ニカイ!文化センター(カマン!メディアセンター2F

講師の方のお話を聞いてから、その場にいるみんなでおしゃべりをする『えんがわおしゃべり相談会』。19歳の時にお母さんを自殺で亡くされ、その後、死別を経験された方のサポートをされている尾角光美さん。現場の看護師として、死や生に向き合わざるを得ない状況に長年身をおかれてきた西川勝さん。大切な人を亡くしたあと人生が変わってしまったという人、自殺を考えているという人などに出会うことが多い釜ヶ崎のまちで、お二人とともにおしゃべりします。

 

尾角 光美(一般社団法人リヴオン代表)

1983年生まれ。19歳の時に母を自殺で亡くす。あしなが育英会で国内外の遺児のケアに携わり、2009年にリヴオンを設立。死別を経験した人たちへのサポートと共に行政、僧侶、学校など対象とした講演や研修で全国をめぐっている。

 

西川 勝(看護師)

1957年大阪市生まれ。長年、看護師として勤務しながら哲学に関心を持ち続け、40歳を過ぎてから大阪大学臨床哲学で「ケアの哲学」を学ぶ。現在は大阪大学CSCD特任教員。

 

この企画は『まちでつながる ちょっと生きやすくなろう。』の企画のひとつです。かまがさきの街で、詩をつくったり、書を書いたり、暮らしや気持ちについて気になっていることをおしゃべりしたりする企画です。

助成:2013年度ファイザープログラム

~心とからだのヘルスケアに関する市民活動・市民研究支援

カテゴリ

このページのトップへ