イベント情報

日記

作品&プロジェクト

釜ヶ崎芸術大学 【ダンス部】

【科目】 ダンス部 第一回
【講師】 中西ちさと
【日時】 12月16日(土)14:00~16:00
【場所】 老人憩の家
【参加者】 13名+スタッフ2名
【概要】質問「ダンスと聞いてイメージするもの」/脱力方法(横になる~立つ・一番楽な状態はどこかを見つける)/ストレッチ/おしり歩きレース/二人一組で目をつぶった相手を誘導して歩いて回る。/二人一組になって、相手の身体を人形のように動かしていくワーク。
【メモ】ダンスと聞いてもつイメージは「バレエ」「社交ダンス」「やっぱムーンウォークやろ」などが挙がる。「参加するのはどうせ、おっちゃんばっかりやから。ぼちぼちやりたい。けど、時々びしっと決めるところもあったり折り込んでいきたい。おっちゃんが頑張ってるなあーって思ってもらいたい」 という声。歩くワークは、スムーズに進む。目をつぶって人を動かしているワークでは、参加者の感想「気持ちよかった」「こわい」「直線を歩いてなく、ぐるぐる回ってる感じがした」などが挙がった。みなさん“ゆっくり動く”ということが難しそうだった。ゆっくりと思ってやっているのだが、どうしてもパパッと早く動いてしまうよう。しかし、大事に動いているところを見ると気持ちが温まる。人形のように動かしていくワークでは、参加者の感想として「むずかしい」「触れられていると安心するが、触れられていない間が不安」などが挙がった。全体の感想は「楽しかった」「初めてのこと。発見があった。」「要するに何でもいいってことですかねえ」「はじめは耳ざわりやった音楽が今は心地よくなってる不思議。」など。
【感想】・ダンス、初めての参加。前から来たかった。即興楽団うじゃで踊りや唄があるのでダンスができるようにしたい。
・良かった次回もよろしく。
・ひるはねむたかった。
・釜芸全体に言える事でしょうが、本当に無理なく自然に身体表現を導いて頂きメキシカンさんがおっしゃったように気持ち良かったです。心身ともにリラックスできましたし次のステップへの蓄積もなされたようで「さすが・・・」と思わされました。「無」の境地と創造との関係を今後追求したいです。(でも、来週)は、ダメなのです。残念です。(今滝)
・ありがとうリフレッシュしました。アフリカンダンスのような即興ダンスやってみたいな!またきまーす。(部員メキシカン)
・いろいろと発見があるのでダンスをおぼえたいです。
・運動不足が少し解決しそうな感じよかった
・たのしかったです。ありがとう。体ほぐしもできました。カラダがガチガチなのでもっとカラダをうごかしたいです。

カテゴリ

このページのトップへ