イベント情報

日記

作品&プロジェクト

釜ヶ崎芸術大学【感情】第3回

【講師】 水野阿修羅
【日時】 12月21日(土)14:00〜16:00
【場所】 西成市民館 和室
【参加者】 12人+スタッフ2人
【概要】 自己紹介・紙面でくばられた、質問形式のゲームに答えて、おしゃべりをする
【メモ】 "まず、名前と今日の気分を0〜10の中で言えば、どのくらいかを各自言ってまわる。
「元気の素がわかったらいいけどなー、今日は5。」
「いつも元気。腹減ってたけど、590円の昼定食食べたから元気。数字なし。」
「足を手術した。初めての入院であまり眠れなくなったので4。」など。

次に、質問が書かれてある紙を配布し、各自質問に答え、内容は「あなたの鬼係数はいくつ?」「好きな人、嫌いな人はどんな人か。またその人にどう動いているか。」の二種類。参加者より「基本的に他人のせいではなく、自分の問題であると思っている」「社会構造(資本主義)で考えると答えが出る。」「人を殺すと殺した人の中になにかが必ず残るはずだというのが自分の意見」など。続いて先生より「だいたいの人が善人像を持っているので、自分の中に悪があると認めにくいもの。」

2、好き・嫌いについて。「モチベーションをあげてくれる人が好き。今はLOVEよりLIKEが増えている」「嫌いな人を無視しても気づいてくれないので、目の前で嫌いだと伝えた。すると、距離をとってくれるようになった。」先生より「男性より女性の方が陰口をいってもいいような傾向にある。男性はあまり陰口を言わない。どんどん自分にストレスが溜まってくる。真面目な人ほど自分手の前でも気を責めて、鬱になったり自殺する人もいる。自殺者は男性の方が多い。目の前で言えない場合は、第3者に言った方がいい。すると、なぜか伝わるもの。自分の表現方法をもっているのもよいこと。ホステスさんの中でも一番愚痴を聞くのが巧い人がナンバー1になる」「相手が喜ぶように動くのは難しい。日本人は口ベタが多い。プレゼントなど使うのも手。うまい人がまわりにいたら、まねをしてみよう」 (み)

 

・あまり社会に出ておらず友人も少ないなあと好きな人 きらいな人で感じてしまいました。

家の中でばかり いばって?いるので ちょっと外へとびだそうかなあ

・心の中でおもっていたことを口に出して言えたのでスッキリした。ずっと気になってて人に言ったら、おこられるんじゃないかなと思っていたから、全部言えたので良かった。

・感情を表に出すことは あまり良くないことだと考えていたがむしろ場合によってはうまく感情を出すことがプラスになるのだと、気付きました。

「自分をほめる」のは難しいが、チャレンジしようと思いました。

・いつ迄たっても、ダメな松村です。NO16 sathrudayDecember20th2013 暖七組舎弟李氏親雲上松村喜好

(松村喜好)

・いろいろと話し合いがあってよかったと思いました。

・少しでも自分を向上させることが出来たらいいな~と思って、初めて参加しました。機公があれば又参加したいと思っています。

・質問できて、よかったです。まつむらさおもしろ人がいるのもおもしろい。たまきさんがいなくて安心した。毎日死の話しをきくのはつらいから。

 

 

カテゴリ

このページのトップへ