イベント情報

日記

作品&プロジェクト

日記 - おっちゃん通信の記事

● テスト

曇り空

● 八日、大阪市原発、住民投票説明会に行く。国民の権利として、原発の、賛否を問いたい。

111008_1753~02.jpg

大阪市は、関西電力の筆頭株主だ、
関電は、福井県に11基の
原発を抱えてる。事故が起これば、大阪の水源である
琵琶湖の水は、放射能汚染だ。京都、滋賀、奈良も汚染される。
こんな状況で、誰にも、かってに、委ねる訳にはいかない、
俺達、一人、一人が、原発を、どうするか、決めようではないか。主権在民何だもん、
野田首相、大阪市長に、我々の、子孫や命に関わる大事な問題を、任す訳には

いかない。もう我々は後悔したくない。自分自分自身で決めよう、
大阪から、変えよう
自分たちの、真の判断が報われる、日本に、しようではないか。
猶予はない。野田首相は、原発再稼動を、前倒しでやると表明してる
国民の生の思いが、叶えられるように。

朝早く、京都シネマに行く山崎都世子監督のびおん、
光男の栗、見た。どちらも最後までなく、見てる一人、一人が、どうするかを
問いかけて、考えさせる映画だ。河瀬直美監督も、舞台挨拶にきてくれた。

映画の題に合わせて、入場した人に、栗のプレゼントがあった。帰りは、むすびの会にきているKさんと

大阪に帰った。電車のなかで、いろんな話しをして、
カマメ通信13号を、渡した。今日の出会い。
映画館の女性二人ずれ

京都まできた訳、釜が崎からきた事を話した。出会いは、求めて、どんどんしたほうがいいよと
話した、釜が崎での、孤独な、自殺の話しを、彼女らに、したら目が潤んでいた、若いのに、衝撃だったかと、ちょっびり、反省。

いい出会いだった、

明日も、原発、イベント、俺の会いたかった、

樋口健二さん、世界で初めて、原子炉のなかで働く被曝労働者を、カメラで撮った人、
被曝労働者の問題を訴えつづけて、30年以上、諦めずに、今でも、原発反対をつづけておられる。
ディスカッションで聞きたい事があるんだ。
会いたい。

堀江邦夫さんも、一度
会いたい。なかなか、話しが進まないのは、残念だ、仕方ないから、今、俺が動ける事からやる、

● こんばんは、10月6日午後12時です。アップが、何時かな。遅くなった。原因が判らない。

111006_2003~01.jpg

月2日、OCAフオーラム、横断幕、創る かめとぶたを描く、まあ
いいか。成長してないなあ
俺の絵のセンス、あちゃー10月3日
友人がカマメに、来てくれた。最近の出会いで、できた友。
お互いの、やりたいこと、認め合いながら、付き合ってる、
ココルームでかばんに、絵を描く。
10月4日
桃が池に、行きたくなりチャリで行く
二年前を、思いだし俳句を詠む、
桃が池、水面に映る、いわし雲
近くの友人を訪ねた。
積もる、話しに、夜も耽て泊まり、朝帰りした。

10月6日
カマメで句会。
こはるちゃんのが、素直でいい。
はっぱがきいろ、あかいろへんしんした。

梅南座、野郎二人で行く、去年の、OS劇場、思いだす、
若い、一座だった。澤村千夜が座長。
おひねりもあり、一体感があった。今日の出会い
梅南座の人達、
楽しませてくれて、ありがとう、
嫌なことも、あるけど
いろんな人との、出会いが俺に、元気をくれてる、

前向きに生きられる。

明日も、いい、出会いが待っている。

● 久しぶりに桃が池にいく俳句を詠む すじ雲が、水面に映える、あの日かな

111004_1747~01.jpg

おっちゃん通信にアップするのが、20時間以上かかるようになった。なんでだろう?

二年前、四人でチャリにのり来た、桃が池に来た。あの日、俳句を詠んだ。

今日、一人で来たくなり来た。空を仰ぐ、すじぐもがきれい、

あの日の友は、もう居ないでも、いい出会いとして

俺の心に、記憶する

茜雲、あの日懐かし、桃が池

● 昨日は、こころぎのこはるちゃんの、運動会に行く、我が子の、昔がよみがえる

111002_1115~01.jpg


● 昨日は、こころぎのこはるちゃんの、運動会に行く、我が子の、昔がよみがえる

111002_1115~01.jpg


● 携帯で遅れなくなった。何でだろうパソコンでテストしてるとこ

秋晴れ、運動会

● 山王こどもセンターにて、仙台からこどもと自主避難して来られた男性の訴えを聞いた。

111001_1612~01.jpg

1才と3才の子供の父親として仙台からの、自主避難
彼の決断は早かった、3月15日ごろは早、子供の将来の為に放射能から逃れるべく動いた。福島でなく

仙台、福島原発から90キロあるのに動いたんだ、放射能への、知識はあったとのこと。

彼は現在、大阪に、避難している、今、問題は、シングルファザーなので、仕事にありついても、残業が出来ないし、子供が病気の時には休まなければならない
この不景気な御時世、会社としては、役に立たない、辞めざらるえない、父子家庭は、未だに、厳しいものがある

俺も四歳の子を、日雇い労働者として育てたので、彼のやり場ない怒り、苦しみが判る、何度も自殺を考えたと言う。でも、思いとどまったのは、

いのちの大切さ、そして今、生きている事。

震災で何人もの、命が一瞬で失われた。あっけない命なら生きてることこそ、意味がある、生きることを大切にしようと思った。

強いものを俺は感じた。彼は原発は反対だ、俺は彼に言った。

俺も、シングルファザーなんだ、子供は、育てた、がんばれ。放射能、被曝を余儀なく、される、日雇い労働者の現状、被曝しなければ、動かない、原発は、反対だ、共にやろう。

彼の今の思いは、仙台の職場を突然、廻りにも、知らせず離れた後ろめたさ、裏切り者と思われてるかもしれない、気持ちで、未だに、同僚には連絡してない、出来ないそうだ、、

彼がとった行動は俺は
親として当然だ、将来、子供がガンとか、なったとしても、国も、東電も、責任はとるまい。

何故なら、今まで30年以上たって、原発労働者の被曝とガンの因果関係が認められ労災認定がなされたのは、
10件しかない、裁判しても、負けるのだ、国が推進する原発に刃向かう人間は切り捨てられるはめになる
彼は、胸をはって生きてほしい
彼の廻りの仲間も、きっと判る日がくる。

その時、彼は、今まで以上に、仲間との深い絆ができるんだ。
と、確信してる。今日も、いい出会い、ありがとう

● いしかわさん、自分を語る会

111001_1847~03.jpg

看板、ここみちゃんも描いてくれたよ

● 山王こどもセンターにて、仙台からこどもと自主避難して来られた男性の訴えを聞いた。

111001_1612~01.jpg

1才と3才の子供の父親として仙台からの、自主避難
彼の決断は早かった、3月15日ごろは早、子供の将来の為に放射能から逃れるべく動いた。福島でなく

仙台、福島原発から90キロあるのに動いたんだ、放射能への、知識はあったとのこと。

彼は現在、大阪に、避難している、今、問題は、シングルファザーなので、仕事にありついても、残業が出来ないし、子供が病気の時には休まなければならない
この不景気な御時世、会社としては、役に立たない、辞めざらるえない、父子家庭は、未だに、厳しいものがある

俺も四歳の子を、日雇い労働者として育てたので、彼のやり場ない怒り、苦しみが判る、何度も自殺を考えたと言う。でも、思いとどまったのは、

いのちの大切さ、そして今、生きている事。

震災で何人もの、命が一瞬で失われた。あっけない命なら生きてることこそ、意味がある、生きることを大切にしようと思った。

強いものを俺は感じた。彼は原発は反対だ、俺は彼に言った。

俺も、シングルファザーなんだ、子供は、育てた、がんばれ。放射能、被曝を余儀なく、される、日雇い労働者の現状、被曝しなければ、動かない、原発は、反対だ、共にやろう。

彼の今の思いは、仙台の職場を突然、廻りにも、知らせず離れた後ろめたさ、裏切り者と思われてるかもしれない、気持ちで、未だに、同僚には連絡してない、出来ないそうだ、、

彼がとった行動は俺は
親として当然だ、将来、子供がガンとか、なったとしても、国も、東電も、責任はとるまい。

何故なら、今まで30年以上たって、原発労働者の被曝とガンの因果関係が認められ労災認定がなされたのは、
10件しかない、裁判しても、負けるのだ、国が推進する原発に刃向かう人間は切り捨てられるはめになる
彼は、胸をはって生きてほしい
彼の廻りの仲間も、きっと判る日がくる。

その時、彼は、今まで以上に、仲間との深い絆ができるんだ。
と、確信してる。今日も、いい出会い、ありがとう

前の5件 6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16
このページのトップへ