イベント情報

日記

作品&プロジェクト

イベント情報 - その他の地域の記事

● 【お知らせ】岩手の鵜鳥神楽、大阪と神戸に!(12月1日、2日)

大阪市大都市研究プラザ、中川さんからのご案内です。

岩手県の被災地の神楽を関西に招聘します。
12月1日に大阪国際交流センター(上本町) 午後6時開演
12月2日に長田神社(神戸市) 午後5時開演
以上の2回公演です。
両方とも入場無料、会場には義援箱、カンパ箱などがあります。

鵜鳥(うのとり)神楽は冬期に陸中沿岸部を百キロ以上にわたって巡行し、
沿岸部の漁民信仰に応えています。
宿と呼ばれる、公演・宿泊会場を転々とし、1晩に6時間くらい上演します。
その沿岸部のコミュニティに壊滅したため、上演の場がなくなりました。
この冬期は、予定が全くたたない状況です。
沿岸部の腕達者が集まったスーパー神楽で、非常にハイレベルな芸能です。
その復興・再生を支援しようと、関西に呼ぶことにしました。
私たちは神楽から力をもらい、少しでも神楽復興の後押しを出来たらと思います。

皆さん、大阪か神戸に是非是非お越し下さい。
必見の芸能です!

なお、予告編みたいに、NHKラジオ第1放送、11月28日午後5時20分から30分間、
僕が鵜鳥神楽についてしゃべります。
よろしかったら、これもお聴きください。

なお、12月1〜2日には、大阪国際交流センターにて、
国際シンポ「災害後社会とアーツによる地域マネジメント」を開催します。
それについては、下記をご参照ください。
申し込み締切は11/21になっていますが、今からでも大丈夫です。

http://www.ur-plaza.osaka-cu.ac.jp/2011/09/20111201-02.html

中川

● 【お知らせ】「群島―世界の薄明へ」 今福龍太さん トークイベント+サイン会

「群島―世界の薄明へ」

今福龍太さん トークイベント+サイン会
『薄墨色の文法 物質言語の修辞学』(岩波書店)刊行記念

● と き  12月4日(日) 14:00~16:00(開場13:30)
● ところ  海文堂書店 2F・ギャラリースペース
● 入場料 500円
● 企画協力 サウダージ・ブックス 
http://saudadebooks.jimdo.com/

★ 要「整理券」。先着50名様に整理券をお渡しいたします。
海文堂書店店頭で、またはTEL・FAX・メールにて海文堂書店までお申し込みください。
  (お申し込みの際には、お名前・電話番号・参加人数をお知らせください)
お申し込み数が満数になりました場合は、受付を終了させていただきます。
あらかじめご了承ください。

Tsunami。今日の私たちの日常に厳しく突き刺さるこの語を、英語を媒介にしての語を、英語を媒介にしてはじめて世界にむけて発信したのが、ラフカディオ・ハーンである。ハーンは神戸時代の1896年に明治三陸地震を体験し、津波の伝承をめぐる短編「A Living God 生神様」を執筆した。ギリシア・イオニア諸島に生まれ、アイルランドを皮切りにヨーロッパ各地、アメリカ南部、カリブ海マルティニック島などをへて日本列島へ漂着したさまよえる群島人、ハーン。
たとえば、震災と大津波という出来事に沈殿する深い時空の闇に耳を澄ませるハーンの考古学的想像力に、「薄墨色の文法=Gramatica Parda」、すなわちスペイン語に由来する「民衆の即興的な閃きのような知恵」を探り当ててみること。畏怖すべき海洋の力によって崩壊した私たちの世界観、その瓦礫のあいだを縫う薄明の道を、孤独な旅人として新たに歩むために―近代の大陸原理の支配に抗して、海と島々の側から世界観を更新する野生の詩学の奪還を論じた『群島―世界論』、そして新著『薄墨色の文法』について、著者の今福龍太さん(文化人類学者・批評家)にお話しいただきます。

■ 『薄墨色の文法 物質言語の修辞学』(岩波書店)
発売日 2011年10月4日
税込2,940円
風の唸り、川の水音、森のざわめき、詩語による交信。物質言語の響きを聴きとり、これを人間の初発のことばとして返すこと。谺の修辞法を学ぶこと。分析的言語では掬いとれずにきた世界の肌触りを私たちが奪還する方法とは?
メキシコの火山高原からカリブ海の灼熱の汀へ、アフロ・ブラジルの黄昏から奄美群島の唄の魂まで、ことばと感覚の薄墨色の領域を求めてはるかな道行きを重ねてきた人類学者の、画期的な試論にして、時空を超えた「認識の自叙伝」。
■今福 龍太(いまふく りゅうた)
1955年生まれ。文化人類学者・批評家。東京外国語大学教授、同時にサンパウロ・カトリック大学客員教授として映像論/偶景論のセミナーを随時担当。さらに群島という地勢に遊動的な学びの場を求めて2002 年より巡礼型の野外学舎である奄美自由大学を主宰。
著書に『荒野のロマネスク』『野性のテクノロジー』『ここではない場所』『ミニマ・グラシア―歴史と希求』『群島―世界論』(以上岩波書店)『クレオール主義』(ちくま学芸文庫)『身体としての書物』(東京外国語大学出版会)『レヴィ=ストロース 夜と音楽』(みすず書房)など多数。

 

http://www.kaibundo.co.jp/

● 【ご案内】糸賀一雄記念賞第十回音楽祭(11月27日)

「糸賀一雄記念賞第十回音楽祭」
11月27日(日) 14:30開演(13:30開場)
http://live.art-brut.jp/
***************************************


栗東芸術文化会館さきら 大ホール
入場料 一般1,500円 障害者・シルバー・学生1,000円 中高生500円
*全席自由席、小学生以下は無料、シルバーは65歳以上
*20名以上の団体は各料金から10%割引


▼音楽祭サイト

今回の音楽祭では、第十回の開催を記念して、フランス・ナント市にある
世界から注目を集める文化施設「リュー・ユニック」から、パトリック・ジジェ
芸術監督、フレデリック・スーリス音楽プログラムディレクターのお二人を
お迎えし、創発的な共同プロジェクト「創発ワークショップ」を展開しております。

そして、このワークショップの一環として、11月24日(木)19:00~
栗東芸術文化会館さきら 小ホールにて、「リュー・ユニック」芸術監督
パトリック・ジジェさんによる講演を行います。
また、途中経過の発表を 13:00~17:00まで開催しております。

文化で都市を再生したナント市、その象徴ともいえる「リュー・ユニック」の
先端的な創造の実践をパトリックさんからお聞かせいただくとともに、今回の
取り組み、そして音楽祭本番を是非ご高覧いただけると幸いです、

詳細につきましては
ホームページをご参照ください。
(ワークショップの内容もご紹介させていただいております。)

糸賀一雄記念賞第十回音楽祭~音とダンスでナントにつながる~
▼音楽祭サイト
http://live.art-brut.jp/
▼Facebookページ
http://www.facebook.com/event.php?eid=277909272233435
▼Twitter
http://twitter.com/artbrut_live

24日の発表及び講演については入場無料、どなたでもご参加いただけます。

お申し込みは、下記メールにご返信もしくは、お電話にてご一報賜れれば幸いです。

mail. kikaku@sisyazi.jp

お問い合わせ
糸賀一雄記念賞音楽祭実行委員会事務局
滋賀県社会福祉事業団 企画事業部
〒523-0893滋賀県近江八幡市桜宮町235
tel.0748-31-2481 / fax. 0748-31-2482

● 【ご案内】大阪市「原発」市民投票説明会 11月17日(木)19:00~21:00

 

大阪市「原発」市民投票説明会 蔦屋さん 説明会 第二弾!

 

膝をつき合わせながら?を!に。小規模説明会です。保育あります。

 

 日時:1117日(木曜日)19002100

 場所:そば切り 蔦屋

   

大阪市中央区内久宝寺町2-7-14 06-6764-7074

(地下鉄谷町六丁目(6)出口北東へ徒歩4分 銅座公園東)

参加費 無料(カンパお願いします)

定員 ギュウギュウで40人

● 【お知らせ】「福島県飯館村の長谷川健一さんを囲んで」-スライド・トーク

以前から「西成青い空カンパ」で考えていた福島県飯館村の長谷川健一さんを呼ぶ企画がいよいよ決まりました。大阪での講演が初めてとのことで、一人でも多くの方々に参加していただきたく、日程を決める段階で手間取ってしまいました。先日11月2日福井県曹洞宗大本山・永平寺での脱原発シンポジウムにも参加された長谷川さんは、連日のように全国を回っているようです。
 西成の仲間もファックスを送り、連絡を待っていたところ、なかなか返事がこないので、携帯に連絡させてもらったところ、永平寺の前後から1週間ほど家に帰れず、各地を回ってるとのことでした。
 そんな多忙な中、大阪には12月17、18日お話に来ていただくことが決定しました。
 またチラシ、ポスター、新聞の告知などで知らせしますが、とりあえず簡単に告知させていただきます。

「福島県飯館村の長谷川健一さんを囲んで」-スライド・トーク 12月17日(土)・18日(日)

 17日(土) ピースクラブ4階ホール(浪速区大国1-11-1・地下鉄大国町⑤出口南歩3分)
  17;30開場~18;00お迎えライブ~19;00講演会~終了後親睦会
 18日(日) 居酒屋「はな」(西成区太子2-1-38・地下鉄動物園前⑨出口すぐ)
  13;00開場~13;30お迎えライブ~14;00講演会~終了後親睦会

 参加費用500円(資料代含む)です。
 尚、講演会終了後の親睦会は希望者参加で、飲食代は別となります。
 18日「はな」は収容人数40名につき、事前にお問い合わせください。

 ★長谷川健一(はせがわけんいち)さん
 福島県相馬郡飯館村の酪農家。58歳。飯館村前田地区区長。福島県酪農業協同組合理事。大多数の住民が避難した今も村に残り、見回りを続けている。事故後に購入したビデオカメラで村の現状を記録。各地で自らの体験を語り始めた。11月2日永平寺で開催されたシンポジウム参加の際の一言メッセージ・・「私達が味わってきた苦しみ、かなしみ等をぜひ多くの人達に聞いてほしい」

                      

● 【案内】大阪はどこへいく?〜人権の街・自治の街・庶民の街、大阪を壊すな!〜

大阪はどこへいく?〜人権の街・自治の街・庶民の街、大阪を壊すな!〜
http://www.rchr.osaka-cu.ac.jp/

講師: 鎌田 慧(ルポライター)
日時: 2011年11月12日(土) 午後1時30分〜4時(開場は午後1時)
場所: 市民交流センターひがしよどがわ

11月12日(土曜日)に、ルポライターの鎌田慧さんを講師としてお招きして「大阪はどこへいく?〜人権の街・自治の街・庶民の街、大阪を壊すな!〜」と題した「地方自治学習会」を開催します。

大阪が今、大きく変わろうとしています。地方分権や財政危機が声高に語られ、従来の施策の大胆な見直しやカットが提唱され、「大阪を変えよう」という動きが強まっています。私たちも、大阪は変わらなければならないと思います。しかし、問題はその変わり方です。大阪はどのように変わるべきなのでしょうか。どこへ向かって変わっていくべきなのでしょうか。変わることへの期待が語られるわりには、この「どのように変わるべきなのか」という問いは忘れられているようです。

昨今の「大阪を変えよう」というかけ声と動きに対して、もしかしたらそれらは変えることを口実に、大阪がながい時間をかけて築きあげてきた多くの市民のための諸施策までも一掃しようとしているのではないのか、と私たちは危惧しています。効率だけを追い求めるビジネスの論理や公務員バッシングで大阪を「変えてはならない」と私たちは考えます。それでは本当に大阪が解体してしまいます。今こそ、私たち市民にとって本当に望ましい大阪とはどのようなものなのか、どのように変わるべきなのか、真剣に考える必要があると思います。市民の皆さん、一緒に考え、議論してみませんか。

主催: 大阪地方自治研究センター / 自治労大阪府本部 / 大阪市立大学大学院創造都市研究科都市共生社会研究分野 / 大阪市立大学人権問題研究センター 共催

日時: 2011年11月12日(土) 午後1時30分〜4時(開場は午後1時)

場所: 市民交流センターひがしよどがわ / 〒533-0031 大阪市東淀川区西淡路1-4-18(地下鉄御堂筋線「新大阪」下車
徒歩10分・JR東海道本線「新大阪」下車 徒歩5分)

講師: 鎌田 慧(ルポライター) / 司会: 島 和博(大阪市立大学教員)
会場定員は100名 / 参加無料、予約不要 / どなたでもご参加いただけます
多くの方々のご参加をお待ちしています。

ビラ: http://www.rchr.osaka-cu.ac.jp/files/20111112.pdf

● 【ご案内】10月30日(日)大阪市「原発」市民投票 説明会

電気の最大消費地・関電の筆頭株主の「大阪市」から声を出そう!
大阪市民の方ができること、大阪市外の方ができること、
市民投票の仕組み・あなたができることを説明します。

日時:10月30日(日)13:30~
場所:
大阪市立住まい情報センター
※地下鉄谷町線・堺筋線「天神橋筋六丁目駅」 3番出口上

主催:みんなで決めよう「原発」国民投票・関西

問い合わせ:gvotekansai@gmail.com
06-4390-5930

● どうやって生きていく? ~20代後半、仕事と表現、食べることと生きること

20代後半、表現という言葉の周辺に生きるわたしたちは、いま、日々の時間をどう使い、何で食べるためのお金を得、なぜその仕事をし、本当は何がしたくて、これからの人生をどう捉えているのか。15分×10人。さまざまな人生の話を聞くなかで、多様な生き方があることを知り、ともに考えるためのひととき。

日時:10月26日(水)15:00~18:15
会場:新港ピア/新・港村 自由広場(横浜市中区新港2-5)
参加費:300円(新・港村パスポート代)既にパスポートをお持ちの方は無料

ゲスト:
岩崎美冴(NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター事務局)、小澤貴文(レコード会社勤務)、五十殿彩子(キタミン・ラボ舎事務局長)、酒井幸菜(振付家/ダンサー)、田代未来子(WEB制作会社勤務)、長津結一郎(日本学術振興会特別研究員/東京藝術大学大学院博士後期課程)、中村大史(音楽家)、羽原康恵(取手アートプロジェクト実施本部
事務局長)、谷地田未緒(国際交流基金 情報センター主任)

ファシリテーター:
植田裕子(NPO法人ココルームスタッフ)

プロフィール:

岩崎美冴(NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター事務局)
岩崎美冴1981年神奈川県生まれ。共立女子大学卒業。05年~06年、アートマネージャー育成プログラムTAP塾にインターンとして参加。07年~08年、取手アートプロジェクト実行委員会事務局に所属。現在は、NPO法人黄金町エリアマネジメントセンター事務局として、主に、印刷物作成、広報を担当している。
http://www.koganecho.net/
小澤貴文(レコード会社勤務)
小澤貴文1985年生まれ。現在はレコード会社に勤務し、音楽(主にパッケージ)を如何にして売るかを日々考える仕事をする。個人活動として「CULT BURY RIOT 太陽の王国」というアングラ系ロックバンドにてエレキベースを担当。中学生まで音楽が何よりも嫌いだった。
五十殿彩子(キタミン・ラボ舎事務局長)
五十殿彩子愛知県立芸術大学卒業。2005年より「取手アートプロジェクト」にてインターンを経て事務局を務める。2008年より北本市教育委員会生涯学習課にて「北本ビタミン事業」の立ち上げに携わる。2011年4月より現職。
酒井幸菜(振付家/ダンサー)
酒井幸菜1985年神奈川県生まれ。東京芸術大学音楽環境創造科卒業。しなやかで繊細なダンスで数多くの舞台に出演。微細な演出による空間的な作品を制作し、ミュージシャンや漫画家との舞台作品、演劇や映像広告への振付・出演など幅広く活動。
http://www.sakaiyukina.net
田代未来子(WEB制作会社勤務)
田代未来子2008年に東京芸術大学音楽環境創造科を卒業後、株式会社PIVOTでマークアップエンジニアとして働いています。2009年、取手アートプロジェクト(台宿ポット)、2011年「floating view」「floating view 2」に自分の日記を使った作品を出品しました。
長津結一郎(日本学術振興会特別研究員/東京藝術大学大学院博士後期課程)
長津結一郎アーツ・マネジメント研究、障害学、クィア理論。芸術活動における社会包摂的な取り組みや、芸術を専門としない人々が関与する活動に着目し、現場でのフィールドワークをもとにした学際的な研究活動を行っている。墨田区でハウスシェア中。
中村大史(音楽家)
中村大史アコーディオン、ギター、ブズーキ、ピアノ、声などを用いて演奏や作曲をする。個人での活動の他、複数のグループに所属して、ライブ活動やCD制作を精力的におこなう。
http://anilaly.jugem.jp/
羽原康恵(取手アートプロジェクト実施本部 事務局長)
*お子さんの調子次第で来られなくなる可能性もありますがご了承ください
羽原康恵1981年高知県生まれ、三重県出身。筑波大学人間総合科学研究科芸術学専攻(芸術支援学)修士取得退学。学生時代に取手アートプロジェクトのインターンとして関わり、財団法人静岡県文化財団企画制作課勤務後、結婚・出産を機に取手に戻り2010年度より現職。
谷地田未緒(国際交流基金 情報センター主任)
谷地田美緒国際基督教大学卒業、東京芸術大学大学院修了。自治体の文化政策や、非営利団体による芸術と社会をつなぐ活動を調査対象とし、2009年には故郷の札幌市でフィールドワークを実施。2009年より現職。「をちこちMagazine」の企画・編集のほか、広報、広報媒体ディレクション、イベントのコーディネートなどを担当。
http://www.wochikochi.jp/
植田裕子(NPO法人ココルームスタッフ)
植田裕子1985年滋賀県生まれ。東京藝術大学音楽環境創造科在籍中に取手アートプロジェクト、NPO法人こえとこころとことばの部屋(ココルーム)インターンを経験。卒業後一般企業に就職し宿泊施設にて三年弱、文化事業を担当するが、2011年2月より現職。

主催:NPO法人こえとことばとこころの部屋(ココルーム)
協力:BankART1929

● 大阪の元気をとどけよう(大阪マラソン応援イベント)

本日、94日(日)午後1時より、動物園前一番街商店街では、大阪の元気をとどけよう(大阪マラソン応援イベント)

がおこなわれます。

 

1)福島県物産販売

2)大阪マラソン1位タイム予想投票(的中者多数の場合抽選にて3名様に商品)

3)東日本震災義損金募金

 ・千本引きコーナー

 ・似顔絵コーナー

 ・書道コーナー

 

動物園前一番街、飛田本通商店街振興会

● 【案内】本田良寛先生の思い出(8月23日)

 日ごろから「大 阪ホームレス健康問題研究会」にご協力を賜りお礼申し上げます。先にご案内をしています下記につきましては、明日に迫りました。
「あいりん地区の保健医療問題を考える」として関係者の方からシリーズでお話 を
伺うこととしています。何卒ご参加いただきますよう再度ご案内いたします。


                   記

1 と き 平成23年8月23日(火)18:30~20:30

2 ところ 太子福祉館(100 YEN SHOP FLET’S)3階 集会所 住所:大阪市西成区太子1丁目4-1    


3 内 容 ①本田良寛先生 ビデオ上映      

       ②「本田良寛先生の思い出」
          社会福祉法人 大阪社会医療センター付属病院
                      総務課長 中平 文也 氏 

 

--
**************************************************
特定非営利活動法人 HEALTH SUPPORT OSAKA
  井戸 武實(いど たけひろ)
  逢坂 隆子(おうさか たかこ)
 〒557-0031 大阪市西成区鶴見橋1丁目6番8号
電話/FAX:06-6645-7381 携帯:080-3789-0091
事務所 E-mail:npo@heso.or.jp
**************************************************

前の5件 1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11
このページのトップへ